立憲民主党や共産党など野党の衆院議員6人は24日、選択的夫婦別姓を巡る22日の衆院本会議での代表質問で「だったら結婚しなくていい」とのやじが飛んだ問題で、発言者を特定し、謝罪と撤回を促すよう求める申し入れ書を大島理森衆院議長宛てに提出した。

あなたのノートは登録されていません → 登録する

関心度の高いノートはありません