中曽根康弘に長男が生まれたときのこと。妻が「お産で苦しんでいるときに、芸者を呼んで進駐軍とドンチャカやっていたとはなにごとです」と不平を口にすると、中曽根は自分は「国家的な仕事をしていたのだ」と釈明し…

あなたのノートは登録されていません → 登録する

何気に大作。中曽根さんが議員だった事は覚えてるけど、明らかにもう第一線という感じではなかったから、政治家として油の乗っていた時期を知ってへーという感じ。#政治