「路線価に基づく相続財産の評価は不適切」とした東京地裁判決が波紋を広げている。国税庁は路線価などを相続税の算定基準としているが、「路線価の約4倍」とする国税当局の主張を裁判所が認めたからだ。

あなたのノートは登録されていません → 登録する

こういうのが不動産取得を躊躇させるよね。現実的に相続者がそんなキャッシュ持ってないから売らざるを得ないし。それ自体は親の財産なんだから子が取得できて当然とは思わないが、売るにしても不動産は立地が特別に良ければ別だけど、そうでなければ流動性が低く、キャッシュ作る上での負担が大きい。