近年、慈悲的差別という言葉が時たま話題になるようになった。慈悲的差別は「男は女を守るべき」という思想に暗に男が「保護者」で女が「被保護者」という構造が含まれているという指摘であり、「食事のとき男が女に奢るのは当然」「男のほうが力が強いのだから力仕事は男がするのが適材適所だと思う」といったものが代表的である。ただし、(後々説明する通り大きな問題をはらんでいるのだが)カジュアルに言及される限りにおいて女性側から「レディファーストは差別じゃない」「問題視する必要を感じない」といった意見も多く、せいぜい「恩着せがましい」という程度の弊害しかもたらさない「緩い差別」と思われがちである。

あなたのノートは登録されていません → 登録する

ジェンダーロールが男女差別の主要因だから、それはそうだろうと思う。もっと言えば性差が一番の原因だし。