「英断」とは評せない舞台裏 KAWASAKIしんゆり映画祭で、川崎市の「懸念」からいったん上映中止が決まった『主戦場』が、一転して最終日の11月4日に上映されることとなった。 ひとまずは朗報である。し

あなたのノートは登録されていません → 登録する

出演者が内容に同意してなくて法廷闘争になってる訳でしよ?制作側で揉めているのに検閲も表現もないと思うのだけど、差し止め出来てないなら違うのかな。