ロボットとRPAを活用して、契約書などへの押印を自動化するサービスが発表され、ネットで議論の的になっている。このサービスを企画し、提供窓口を担う予定の日立キャピタルに、その意図を聞いた。さまざまな事情でペーパーレス化に踏み切れない企業をサポートする狙いがあるという。

あなたのノートは登録されていません → 登録する

需要あると踏んでるのか。結局そこだもんな。売れるなら作るのは誰だって理解できる。本当に売れたらさすがのリサーチ力だな。