小保方晴子さん(36)は洋菓子店で働いていた。そして時おり雀荘を訪れては、フリーで打っている。しかし彼女が握るべきはパイではなく、フラスコや試験管ではないのか。 なにせ、小保方さんのSTAP細胞は、 - Yahoo!ニュース(デイリー新潮)

あなたのノートは登録されていません → 登録する

むしろフラシコや試験管ではなくパイだろう。もう終わったことだよ。STAP細胞があるかどうかは知らないけど、作り出す方法はわかってないし、恐らく無い。