2019年10月1日施行の改正電気通信事業法で携帯電話の端末代金と通信料金の完全分離が義務化された。ユーザーの端末購入負担は確実に高まり、販売台数の減少が予想される。もろに打撃を受けそうなのが販売代理店だが、朗報も出てきた。サポートを一部有償化する動きが進みつつあるのだ。

あなたのノートは登録されていません → 登録する

自分でどうにかする気のない問い合わせは解決が難しいから方向性としてはありだと思うけど、有料化すると求められる期待値もだいぶ上がる気がするので、店員も大変よね。#労働