農水省元次官熊沢被告と自殺した2人の若い女性 農水省の元事務次官、熊沢英昭被告が今年6月に自宅で長男を殺害した事件の一審判決が出た。執行猶予なしの6年の実刑判決だ。息子は引きこもり状態であり、家庭内暴

あなたのノートは登録されていません → 登録する

アングルによって評価が変わるのは普遍的にある事だと思う。多くの犯罪者は自分も被害者であったり、被害者となる可能性と隣り合わせにあるケースが多い。二者間で被害と加害が循環するシンプルシナリオになっていると、被害者性が前面に出て同情されるのだろう。