共働き世帯の妻の過半数が、配偶者特別控除で減額の基準となる年収150万円未満のパートタイムの働き方を選んでいる。一方で、夫の年収が高いほど「150万円の壁」を超えて働く妻の年収も高くなっていることが

あなたのノートは登録されていません → 登録する

つまり配偶者控除が女性の社会進出を阻んでいるのでは?所得を増やすことにマイナスのモチベーションがあるわけだから。

結婚は環境の影響が大きいから、高収入同士が結婚することに不思議はないのでは。