選挙で一定の得票を得られなければ没収される「供託金制度」は違憲であるとして、埼玉県の自営業男性(50代)が国を訴えていた裁判は、東京高裁(近藤昌昭裁判長)で12月11日に判決があり、一審同様、男性の請求...

あなたのノートは登録されていません → 登録する

過激候補が沢山出てくるかもしれないけど、世襲が台頭するより害が少ないと言う話。過激候補が乱立すれば相手にされないだけだから、その点でも今より良いかもしれない。今はお金を持ってる人がうまくやれば安く広報できる媒体になってしまってる。