最近、働き方改革の文脈で、「残業せず、休暇をしっかり取る」という切り口で紹介されることが多いドイツ。実際、2018年のOECDのデータでも、38カ国中、ドイツが最も短い労働時間となっている(日本は22位)。な...

あなたのノートは登録されていません → 登録する

どっちがいいのかはわからないけど、日本もだいぶ意識は変わってきているので、将来的にはドイツの様になるのではないかなと思う。