『夜は短し歩けよ乙女』『有頂天家族』など京都を舞台にした作品で知られる、奈良出身の小説家・森見登美彦さん。大学時代を過ごした京都と、生まれ育った奈良郊外の街への思いを通して、「住むこと」と「書くこと」のかかわりについて伺いました。

あなたのノートは登録されていません → 登録する

関心度の高いノートはありません