車の運転席に座った時に発生する死角は想像以上に広く、死角と重なった歩行者や自転車を見落としたことによる交通事故は頻繁に起きています。そんな車の死角をなくすために、14歳の少女が開発したシンプルでありながら画期的なシステムが話題となっています。

あなたのノートは登録されていません → 登録する

光学迷彩と発想が同じ。最近 ”年齢の割にすごい” という小さく纏まった話が増えてきたな。